【映画雑談】指輪物語シリーズ

ねこさんの記事

こんにちは!ねこさんです!
今回は世界的にヒットした『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの映画雑談です♪
かなりの長編映画になりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください♪

原作『指輪物語』

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの原作となる『指輪物語』は、イギリスのJ・R・R・トールキンさんによる長編小説です。1937年から執筆が始まった小説で、三部作となります。
昔からある小説であることと、ストーリーの壮大さ、展開の豊かさから、世界的にかなり根強い人気があります。

『ロード・オブ・ザ・リング』

そんな小説をもとに映画化された1作目の『ロード・オブ・ザ・リング』は、ピーター・ジャクソンさんが監督を務めて製作され、2001年に公開されました。

ワーナーブラザース公式チャンネル様より

世界を滅ぼす魔力を秘めた指輪を破壊するため、ホビットドワーフエルフ魔法使い人間の種族を超えた仲間たちが、「滅びの山」を目指す物語です。

種族がたくさん出てくるのと、あまり聞きなれない単語がたくさん出てくるので、原作未読の方は集中して見る必要があるかなと思います。
時代的な作風なのか、展開が比較的ゆっくりなので、RPGゲームを進めているような感覚で見ることができます。とはいえ、アクションシーンやドキドキするシーンもたくさんあるので、ファンタジー映画としてよく作りこまれた作品だと思います。映像美も素晴らしいです♪

キャストは、当時としてはフレッシュなメンツが多く、『ロード・オブ・ザ・リング』が代表作になったという俳優さんが多くいらっしゃいます。

〈ホビット〉
フロド役イライジャ・ウッドさん…『ハッピー・フィート』シリーズ、『9~9番目の奇妙な人形~』など
サム役ショーン・アスティンさん…『グーニーズ』、テレビシリーズ『24-TWENTY FOUR-』など
ピピン役ビリー・ボイドさん…イギリス映画によく出演されているそうです。歌手活動もされています。
メリー役ドミニク・モナハンさん…『ペット』、テレビシリーズ『LOST』など
〈魔法使い〉
ガンダルフ役イアン・マッケランさん…『X-MEN』シリーズ、『ダ・ヴィンチ・コード』など
〈人間〉
アラゴルン役ヴィゴ・モーテンセンさん…『はじまりへの旅』、『グリーンブック』など
ボロミア役ショーン・ビーンさん…『007 ゴールデンアイ』、『サイレントヒル』シリーズなど
〈エルフ〉
レゴラス役オーランド・ブルームさん…『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『ケープタウン』など
〈ドワーフ〉
ギムリ役ジョン・リス=ティヴィスさん…『インディ・ジョーンズ』シリーズ、『アクアマン』など

物語が壮大な分、キャラクターもたくさん出てきますが、皆さんしっかりとキャラクターのカラーを出すのがお上手で、愛着がわきます♪個人的にはアラゴルンがいつもかっこいいので好きです笑

『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』

シリーズ2作目となる『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』は2002年に映画化されました。製作陣もキャスト陣もほぼそのままに製作されているので、安定したクオリティに仕上がっているように思います。三部作ではあるものの、全編通して製作されたようです。

ワーナーブラザース公式チャンネル様より

物語は、前作でオークの襲撃を受けて離れ離れになってしまった仲間たちのそれぞれの旅と、苦悩、決戦に向けた覚悟が描かれています。

新たなキャラクターも登場し、物語は少しハラハラする展開が続きます。剣で戦うシーンが多いので、見ごたえ抜群です♪
個人的には、闇の勢力に狙われる人間の王国ローハンでのエピソードが好きです。アラゴルンの一途な愛が描かれていて、何ともロマンチックなんですよ~♡

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』

3作目となる『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』は2003年に映画化されました。公開も3年目となり、長編映画の最後にふさわしい仕上がりになっています。

ワーナーブラザース公式チャンネル様より

指輪を葬るために命を懸けて滅びの山を目指すフロドとサム。そして旅の仲間たちの決戦の様子が描かれ、ラストには驚きの展開が待っています。
作中でホビットのピピン役ビリー・ボイドさんの生歌を聴くことができます。高い声が美しい、素敵な歌声ですので、ぜひ注目してご覧くださいね♪

かなりのボリュームで描かれたこの映画を本当によくまとめたなと感じるほど、ストーリーも演出も、音楽も強いこだわりが感じられます。実際の製作は1995年ころから始まったようですが、なんとしても作り上げるという製作陣のプライドと執念を感じる作品です。長さの割に何度も見返してしまうのは、やはり面白いからなんでしょうね。
ねこさんは、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズはもう5回は繰り返し見ています笑

前日譚『ホビットの冒険』

原作も映画も世界的ヒットとなった『指輪物語』シリーズですが、原作者J・R・R・トールキンさんは、『指輪物語』の前日譚となる物語も執筆されています。それが『ホビットの冒険』です。
この小説も大ヒット小説となり、ピーター・ジャクソン監督は、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの製作とともに『ホビット』の製作も視野に入れていたそうです。

『ホビット 思いがけない冒険』

そんな『ホビットの冒険』を原作として映画化されたのが『ホビット 思いがけない冒険』です。2012年に公開されました。

ワーナーブラザース公式チャンネル様より

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの世界から60年ほど前の世界が舞台です。『ロード・オブ・ザ・リング』では指輪に心を奪われた哀れな年配ホビットとして登場した、ビルボ・バギンズが、ガンダルフと13人のドワーフとともに冒険の旅に出かける物語です。

今作から、『ロード・オブ・ザ・リング』の製作陣に『キング・コング』キャロリン・カニンガムさんが新たに加わり、カメラワークもかなり躍動的になっています。

キャスト陣もかなり豪華です!
ビルボ役『ブラック・パンサー』シリーズマーティン・フリーマンさん、ドワーフの王トーリン役『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』リチャード・アーミティッジさんがキャスティングされています。
ガンダルフ、晩年のビルボ、エルフの奥方ガラドリエル、エルフの領主エルロンド、魔法使いサルマンなどはそのままのキャストで、少しだけフロドも登場するんですよ~♪探してみてくださいね。

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズと同様、ホビットという種族が、小さいけれど力強く平和をもたらす特別な存在のように位置づけられていて、「忍びのもの」と呼ばれています。小さいがゆえに気が付かれずに行動することができるということらしいのですが、ビルボが「忍びのもの」としての役割を着実に果たしていく姿がとてもたくましくて頼りになります♪
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズよりもコメディ色が少し強くなっています。

『ホビット 竜に奪われた王国』

シリーズ2作目となる『ホビット 竜に奪われた王国』は2013年に映画化されました。

ワーナーブラザース公式チャンネル様より

邪悪なドラゴンスマウグからドワーフの王国を取り戻す奮闘が描かれています。
離れ離れになった仲間たちのそれぞれの旅が細かく描かれていて、ビルボが指輪を手にする経緯も描かれています。『ロード・オブ・ザ・リング』の物語に繋がる部分や、お互い嫌いあう仲になってしまったエルフとホビットの恋など、あちこちで物語が展開していきます。

エルフの守備隊長タウリエル『LOST』で有名なエヴァンジェリン・リリーさんが演じています。
オーランド・ブルームさん演じるレゴラスの登場も増えて、見ごたえ抜群です。

『ホビット 決戦のゆくえ』

『ホビット 決戦のゆくえ』は、『ホビット』シリーズ3作品目の映画となり、2014年に公開されました。

ワーナーブラザース公式チャンネル様より

前作の終わりで黄金に心を奪われてしまったドワーフの王トーリンスマウグとの最後の戦いや、ドワーフたちが故郷を取り戻す戦いが描かれています。ラストには、『ロード・オブ・ザ・リング』につながるビルボのシーンがあるので、最後まで見逃せません。

キャスト陣を調べていて分かったのですが、邪悪なドラゴンスマウグの役を、『ドクター・ストレンジ』役ベネディクト・カンバーバッジさんが演じていらっしゃいました~!テレビシリーズの『シャーロック』でも主演を務められていて、こちらも面白いですよ♪
また、今作の主題歌『The Last Goodbye』を『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのホビットピピン役ビリー・ボイドさんが歌っています♪

ドラマシリーズ『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』

さてここまで大ヒット映画『ロード・オブ・ザ・リング』、前日譚『ホビット』シリーズをご紹介してきましたが、なんと『ホビット』からさらに数千年前の、争いの発端となる指輪が誕生した物語を描いたテレビシリーズが、プライムビデオで配信されているんです!

Prime Video JP-プライムビデオ様より

テレビシリーズ『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』は『指輪物語』の追補編を原作としてドラマ化され、2022年に第1シーズンが配信されました。
指輪がどうやって誕生したのか、エルフとドワーフはどうして仲たがいしてしまったのか、闇の勢力はどこから広がったのか…。
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『ホビット』シリーズで過去の伝説として語られていたキャラクターたちが主人公となって物語が展開していきます。

製作陣は、残念ながら製作総指揮に関わっているJ・A・バヨナさんしか情報が出てこなかったのですが、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で監督を務めていらっしゃる方です。

キャスト陣は割とフレッシュな俳優さんを起用されているようで、まだあまり出演歴のない俳優さんが多いようです。みなさんかなりかっこよく、それぞれの種族やキャラクターを色濃く力強いイメージで演じていらっしゃいます。ファンタジードラマではあるものの、壮大なスケールで撮影されている印象です。映画シリーズのストーリーをおさえてから見ると、それぞれの種族のはじまりや謎の部分が明らかになっていって、これからどうなるのか、続編がかなり気になる第1シーズンとなっています!
ねこさんも毎回続きが気になって一気に見てしまいました!笑

そしてなんと、第2シーズンの配信が決定しました!!

Prime Video JP-プライムビデオ様より

続きがかなり気になっていたので、ねこさんは嬉しいの極みです笑
全5シーズンを想定して製作が続けられているようなので、今後も続編が楽しみです♪
長編シリーズにはなりますが、面白く見ることができるので、ぜひ映画シリーズを視聴してからドラマシリーズも見てみてください♪

おまけ

作中の主人公的ポジションで出てくるホビットという種族。
大人ホビットでも人間の子どもほどの身長で、丈夫で大きな足を持ち、裸足で生活しています。
ドラマシリーズ力の指輪の方では、ハーフット族という支族名で登場します。

『ロード・オブ・ザ・リング』撮影当時は、特殊効果で実際の俳優さんたちを子どもサイズに編集して映像化している部分や、子どもの俳優さんを起用して後ろ姿だけ撮影しているシーンがあったそうです。
昔は撮影対象のサイズを変える映像は、輪郭が浮き上がっているように見えて合成だとすぐわかりましたが、『ロード・オブ・ザ・リング』ではそのあたりのサイズ感がほどんど違和感なく見ることができます。『ホビット』に至っては、ドワーフも身長が低めなので映像編集がかなり大変だったんじゃないかなと思います。ギムリ役ジョン・リス=ティヴィスさんや、トーリン役リチャード・アーミティッジさんなんかは180㎝を超える身長だそうなので、どうやって違和感なく縮小したのかと思います笑
もはやどこからがCGなのかわからないくらい映像技術が進化していますね。
最近はアクションシーンをフルCGで表現する作品が増えてきましたが、CGの技術が上がりすぎて、滑らかすぎる動きが逆に浮き上がって見えます笑

映像技術の進化はすごいなと感じる一方で、昔ながらのアクションシーンが懐かしくなったりして少し前の作品を見たりするのでした…笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました