【映画雑談】『ジュラシック・ワールド』シリーズ

ねこさんの記事

こんにちは!ねこさんです!
『ハリー・ポッター』シリーズを見てからというもの、SF・ファンタジー映画ブームが来ておりまして、作業や寝かしつけの傍ら色々と見ております。
今回は、最近全シリーズを視聴した『ジュラシック・ワールド』シリーズについて映画雑談していきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください♪

※本記事はAmazonのアフィリエイトリンクを設置しております。

『ジュラシック・ワールド』シリーズ

『ジュラシック・ワールド』シリーズは、有名なシリーズ1作目『ジュラシック・パーク』から現代にいたるまで続編映画が製作され続けている、実は歴史あるシリーズ映画だったんです!
1作目から小話を挟みつつ、ご紹介していきます。

『ジュラシック・パーク』

1作目の『ジュラシック・パーク』1993年に映画化された作品です。
原作小説『ジュラシック・パーク』マイケル・クライトンさんが発表し、巨匠スティーヴン・スピルバーグさんが監督を務めました。脚本はマイケル・クライトンさんの他にデヴィッド・コープさんが務められています。キャスリーン・ケネディさんジェラルド・R・モーレンさんが製作を担当されていて、製作陣だけでもヒットすべくしてヒットしたと言えてしまう布陣です笑

小話
マイケル・クライトンさんは、大ヒットドラマ『ER 緊急救命室』の原作小説の作者であり、ドラマの製作総指揮を務められたことで有名ですね。ねこさんもこのドラマは大好きで何回も見ております♪
スティーヴン・スピルバーグさんは皆さんもご存知、『ジョーズ』『E.T』『インディー・ジョーンズ』シリーズなど、数多くのヒット作、アカデミー賞受賞作品を生み出し続けている方ですね。面白いと思って見て、監督や製作を見たらスピルバーグさん!ということが多々あります笑
デヴィッド・コープさん『ミッション:イン・ポッシブル』『スパイダーマン』『パニック・ルーム』などで脚本や製作を担当されていらっしゃいます。
キャスリーン・ケネディさん『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや、新世代の『スター・ウォーズ』シリーズなども製作を担当されています。実はジブリ作品の『借りぐらしのアリエッティ』『コクリコ坂から』などの英語版の製作も担当されているんですよ~♪
ジェラルド・R・モーレンさんは、『レインマン』『シンドラーのリスト』『マイノリティ・リポート』などの製作等を担当されています。
豪華であり、実力も経験も匠だらけの製作陣です!!

琥珀の中に閉じ込められた恐竜時代のの腹部から採取された、恐竜のDNAを使ってよみがえった恐竜をめぐるSFアドベンチャー映画です。お金儲けのために恐竜を復活させ、テーマパーク化しようとした人間が、盛大なしっぺ返しを食らうストーリー展開となっています。

NBCユニバーサル公式様より

当時としてはまだ珍しいCG映像技術が用いられています。当時視覚効果等で製作に携わっていたスピルバーグさんの盟友ジョージ・ルーカスさんは、『ジュラシック・パーク』のCG映像を見て、『スター・ウォーズ』シリーズの製作に取り掛かることを決意したんだとか笑
後にご紹介することになりますが、続編とリンクする部分がたくさん出てくるので、『ジュラシック・ワールド』シリーズを最初から見たいという方は、この1作目を隅から隅までしっかりと見ると、続編をより楽しめると思います!

【PR】『ジュラシック・パーク』(字幕版)

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

シリーズ2作目の『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』1997年に映画化された作品です。
1作目の製作陣に新たにコリン・ウィルソンさんが加わっています。
『トゥームレイダー』『アバター』などで製作を担当されている方です。

ジュラシック・パーク事件から4年後、ジュラシック・パークの近くにある恐竜の研究施設や保育施設があったサイトBという島に、恐竜の生態調査に向かった団体と、恐竜をビジネスに悪用しようとするハンターたちとの攻防が描かれています。

NBCユニバーサル公式様より

1作目では早々にけがをしてしまったマルコム教授が主人公となり、恐竜の生態にフォーカスして物語が展開していきます。CGや作り物とはわかっていても、恐竜と触れ合うシーンはワクワクしますし、襲われるシーンはリアルでドキドキしてしまいます笑

【PR】『ロスト・ワールド』(字幕版)

ジュラシック・パークⅢ

シリーズ3作品目となる『ジュラシック・パークⅢ』2001年に公開された映画です。スピルバーグさんは監督から製作総指揮へと代わり、監督には新たにジョー・ジョンストンさんが起用されています。
『スター・ウォーズ』旧三部作に特殊効果担当で携わっていて、監督作品に『ジュマンジ』『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』などがある方です。

前作から4年後の世界が描かれており、前作の舞台となったサイトBの島は、恐竜の自然管理保護区となっていました。人間の立ち入り禁止区域となった島に、パラグライダー体験をしていた男の子が誤って不時着してしまい、その男の子を救出するエピソードが描かれています。

Netflix Japan様より

主人公は1作目と同じグラント博士になり、前2作品よりも恐竜の映像がリアルに表現されていて、アドベンチャー要素も強くなっています。結構手に汗握る展開が続くので、スリル満点です!

【PR】『ジュラシック・パークⅢ』(字幕版)

ジュラシック・ワールド

シリーズ4作目となる『ジュラシック・ワールド』は、前作から少し期間が開いて2015年に映画化されました。監督・脚本をコリン・トレヴォロワさんが担当し、脚本にはさらにリック・ジャッファさん、アマンダ・シルヴァーさん夫妻などが参加されています。製作にはフランク・マーシャルさんやスピルバーグさんも関わっていて、またしても豪華な製作陣となっています!

小話
コリン・トレヴォロワさんはのちの『ジュラシック・ワールド』シリーズにも携わっていますし、『スター・ウォーズ/エピソード9』の原案にも携わっていらっしゃいます。
リック・ジャッファさん、アマンダ・シルヴァーさん夫妻『猿の惑星』シリーズの脚本・製作で有名ですし、なんとジェームズ・キャメロン監督とともに『アバター3』の製作を進めているんだとか。楽しみですね!
フランク・マーシャルさん『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ『ボーン』シリーズなどのプロデューサーとして有名な方ですね。

舞台は1作目から22年後の元ジュラシック・パークの島です。ジュラシック・ワールドとして新たにテーマパーク化された島は、テーマパークとして成功をおさめ、人々にも恐竜が動物園の動物くらい身近な存在になっていました。成功しているかのように見えたジュラシック・ワールドですが、遺伝子操作を繰り返した結果、人間の手に負えない新種の恐竜が生み出され、暴走を始めるというストーリー展開になっています。

NBCユニバーサル公式様より

今作から『ジュラシック・ワールド』3部作という位置づけになりますが、この3部作ではオーウェンヴェロキラプトルという恐竜の絆を中心に物語が展開していくので、見ていてうらやましいというかあこがれるというか、ロマンを感じます。
1作目のオマージュシーンや映画『ジョーズ』のオマージュシーンがあったりするので、ぜひ探してみてくださいね♪

製作陣だけでなくキャストも豪華です♪
恐竜の調教師をしているオーウェン役クリス・プラットさんが演じていて、ジュラシック・ワールドの管理者クレア役ブライス・ダラス・ハワードさんが演じています。ほかにもケイティ・マクグラスさんジェイク・ジョンソンさんオマール・シーさんが出演されていたりと、最近注目の俳優さんたちがたくさん出演されています♪

小話
クリス・プラットさんはマーベルシリーズ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』クィル役で有名ですね。最近は『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』マリオ役を演じていらっしゃいました。
ブライス・ダラス・ハワードさん『ヴィレッジ』『スパイダーマン3』で有名ですが、最近では『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフドラマ『マンダロリアン』監督を務めていらっしゃいます。

ケイティ・マクグラスさんは、DCコミックの実写テレビシリーズ『SUPERGIRL/スーパーガール』レックス・ルーサーの妹役を演じていらっしゃいます。
オマール・シーさん『最強の二人』『トランスフォーマー/最後の騎士王』などに出演されています。

【PR】『ジュラシック・ワールド』(字幕版)

ジュラシック・ワールド/炎の王国

シリーズ5作目となる『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は、2018年に映画化されました。J・A・バヨナさんが新たに監督として起用されています。
テレビシリーズの『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』の監督・製作総指揮を務められた方です。

「ジュラシック・ワールド」公式チャンネル様より

前作のジュラシック・ワールド事件から3年後の世界が舞台となっています。ジュラシック・ワールド島は人間のいない恐竜たちの世界となっていましたが、島の北部の山が噴火し、恐竜たちは再び絶滅の危機にさらされていました。恐竜たちを保護するため、オーウェンとクレアが率いる団体が島へと向かいますが、恐竜たちをビジネスや兵器として利用しようとする思惑が立ちはだかります。
今作でも、オーウェンとヴェロキラプトルのブルーとの絆が描かれていて、ブルーが何とも言えず可愛いんですよね~。
また、シリーズ全作一貫しているのが、ティラノサウルスにラストを飾ってもらうという点です。ティラノサウルスの吠える声が聞こえないと映画が締まりませんね笑
今作でもこれまでの作品のオマージュシーンがたくさん出てきますし、マルコム教授が出てくるんですよ~ムネアツ展開です!

主要キャストは前作から引き継がれていて、新たにジャスティス・スミスさんジェームズ・クロムウェルさんトビー・ジョーンズさんなど、若手からベテランまでバランスよく注目の俳優さんたちがキャスティングされています!

小話
ジャスティス・スミスさん『名探偵ピカチュウ』ティム役で有名な方ですね。わざと高い声で叫んでらっしゃるので、クスッとしてしまいます笑
ジェームズ・クロムウェルさん『ベイブ』『ベイマックス』に出演されているベテラン俳優さんですね。
トビー・ジョーンズさん『ハリー・ポッター』シリーズの妖精ドビー役で有名な方です。

【PR】『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者

※2024年4月プライムビデオ見放題配信が終わっていました!

シリーズ6作品目となる『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』2022年に公開された映画です。監督に再びコリン・トレヴォロワさんが起用され、『ジュラシック・ワールド』三部作の完結編となります。

「ジュラシック・ワールド」公式チャンネル様より

舞台は前作から4年後の人間の世界。保護するためにジュラシック・ワールド島から連れてこられた恐竜が解き放たれて、恐竜と人間が共生する世界となっていました。人間は恐竜の被害に悩まされる一方で、相変わらず恐竜をビジネスに悪用しようとする者たちもいて、登場人物の事情が複雑に絡み合っていました。そんな中、イナゴを使ったバイオハザード計画が進行します。

今作では、なんと1作目と3作目に主人公だったグラント博士と、古植物学者のエリー、そしてマルコム教授が再登場するんです!ほかにも悪の組織の親玉といえばなクリス・キャンベルさんや、『マイ・エレメント』ウェイド役だったママドゥ・アティエさんがキーパーソンとして出演されています。
1作目の登場人物が再集結するシーンはかなりムネアツですし、オマージュシーンもたくさんあるので、見ていてかなり感慨深い気持ちになります!恐竜のシーンも映像技術の進歩によってかなりリアルに見えるので、見ごたえ抜群です♪

【PR】『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』

長編シリーズ映画『ジュラシック・ワールド』シリーズ

ここまで全6作品をご紹介してきましたが、1作目から見ていくと、物語がすべてつながっているのがよく分かります。「こうだったんだろうな」という恐竜の世界を、空想だけれどリアルに感じることができて、SFアドベンチャー映画としてワクワク感がとまらない作品だと思います。
気になる方はぜひ1作目からご覧くださいね♪
シリーズ完結編という話でしたが、どうやら続編の製作も計画されているようなので、また新たな恐竜ワールドを楽しめそうですね♪楽しみです!

おまけ

映画のバックグラウンドを調べながら映画雑談の記事を書いていますが、マーベルに関連した方の多いこと多いこと笑
映画だけでなく原作コミックやスピンオフドラマなども軒並み大ヒットしているので、当然といえば当然なんですが、製作陣もキャスト陣も、みんな何かしらマーベルシリーズに関わっているような気がします笑
マーベルシリーズもいま追いかけて視聴しているところですが、いつか雑談記事にしたいと考えています笑

映画雑談は色々としておりますので、ご興味あればぜひご覧くださいね~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました